予知・予言

富士山噴火の可能性2020予想まとめ!学者の警鐘がヤバイ!

こんにちは、ひかりです。

各地で地震が増えてきているせいか、富士山噴火に関する報道が目立ってきました。

3月から4月にかけて少なくても四社の新聞で取り上げられています。

これって多くないですか?

あまりに多いので気になって検証してみるとヤバい話ばかりなんですよね・・・。

今、感染症が拡大している中で大地震なんてきたらシャレにならないですし。

そこで気になるのは今年の2020年に富士山噴火の可能性があるのかということですよね。

今日は

富士山噴火の可能性2020予想まとめ!学者の警鐘がヤバイ!

と題しまして大検証していきたいと思います。

早速、見ていきましょう!

富士山噴火の可能性2020予想まとめ!

富士山噴火の可能性は2020年にずばりありえるのでしょうか?

答えはYESなんです!

先ほどお話しした通り3〜4月にかけて新聞社で取り上げられた記事のほとんどは、今すぐ

の富士山噴火の可能性を危惧した内容なんです!

しかも、噴火のシュミレーションの話ばかり・・・。

統計的にも前回の富士山噴火から300年以上経っているので大噴火になる可能性が高いんです。

もう恐怖しかないですよね!

しかも多くの学者が「いつ噴火してもおかしくない」と話しているんです。

本当に富士山噴火は近いのか。実は、M9・0と推定される東日本大震災以降、多くの火山学者・地震学者が、日本で火山の大規模な噴火が起こるリスクが高まっていると指摘してきた。

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/40761?page=3

富士山は日本一の高さを誇る美しい山だが、いつ噴火してもおかしくない活火山であることは、意外と知られていない。
いまから約300年前の江戸時代に、富士山は大噴火した。それ以来、地下に大量のマグマを溜め続けたまま、不気味な沈黙を保っている。

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64713

たくさんの学者が富士山噴火の可能性を警鐘しているんです!

2020年だとしたら、めっちゃ怖くないですか??

富士山噴火の可能性について、様々な学者のヤバイ警鐘

御嶽山噴火を的中させた琉球大学名誉教授・木村政昭さんの警鐘

「私は、御嶽山について予測を書いた同じ本で、私は富士山について、2014年±5年、という分析結果を掲載しているんです」

「富士山の南東方向には宝永噴火(1707年)の火口があり、国は次の富士山噴火についても、そちら側が危険だと考えているようです。しかし私は、そのラインよりも、北東—南西ラインが気になる。さらに言えば、北東斜面です。

これまで、富士山噴火の火口となった場所は、北東—南西の線上と、北西—南東の線上を、ほぼ交互に繰り返している。直近の宝永噴火は南東側で起こっています。ですから私は、次は北東側の斜面が破れて溶岩が出ると予測しています」

引用:「週刊現代」2014年10月18日号

こちらの記事によると年々富士山の周りでは異常事態が多発しているとか。

突然前触れもなく地下水が湧きだしたり3合目付近で水蒸気が上がったり林道へ続く道路が崩れたり・・。

これは地下のマグマが上昇していているのではないかということです。

もし、木村教授の予測通りに富士山の北東側の斜面が破れて溶岩が出た先には東京が・・・。ヤバイですよね!

考えただけでぞっとしてしまいますね。

そして、2019年までに噴火するとの予測ですが2020年に噴火する可能性は大いにあり得るということなのではないでしょうか?

火山学者、京都大学大学院・鎌田浩毅さんの警鐘

「富士山は若い活火山で、人間で言えば10歳程度の暴れたい盛り。今後100%の確率で噴火します。それが今年なのか、しばらく先なのかは予測できませんが、噴火へのカウントダウンはもう始まっているのです」

鎌田教授は2020年に首都直下地震がくるのではないか、と警鐘しています。

地震と噴火の関係性は無視できません!

なぜなら1707年に南海トラフ巨大地震(宝永地震)のわずか49日後に富士山が大噴火しているからなんです。

これが現実になったらかなりヤバイですよね・・・。

東京大学の藤井敏嗣名誉教授

東京大学の藤井教授の警鐘をご紹介します。

「長い目でみれば富士山は30年に1回程度噴火が発生していて、いつ噴火が発生してもおかしくない状態だ」
「およそ300年間噴火がなく観測データがないため発生や噴火後の経過を事前に予測するのは難しい」

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200331/k10012359741000.html
いつ噴火してもおかしくないのに、事前に予測することが難しいのが現実なんですね!

これって避難も前もってできないことになりそうですからヤバイですね。

2020年に富士山噴火の可能性もありえるということなので

今のうちに避難グッズを確認して備えましょう!

富士山噴火の可能性についてtwitterやネットの反応は

富士山噴火の可能性についても皆さん心配されているようですね!


結構みなさん、心配されているせいか調べていてデータがそろいますね!

まとめ

「富士山噴火の可能性2020予想まとめ!学者の警鐘がヤバイ!」についての検証でしたが

いかがでしたか?

いつ噴火してもおかしくない、との検証結果から2020年に富士山噴火はありえる

という検証結果になってしまいました。

残念ながら事前に噴火の予測をすることは至難の業みたいなので今のうちに防災リュックの

中をご確認くださいね!備えあれば憂いなしです。

最後までご覧いただきありがとうございました!